急な転居での強い味方


転居は自分の都合で十分に時間をかけて物件を探し、理想とするところに引越すというケースだけではありません。なかには転勤などの理由で、期間に余裕がないなかで物件を決めて、引越しをしなければいけない人もいます。

このような場合、自力での引越し作業が困難な場合は急いで引越し業者も決める必要がありますが、引越しが数日後など急な場合には対応してくれない業者が少なくありません。とはいえはじめからどこも引き受けてくれないと諦めるのではなく、希望日に引越し作業を引き受けてくれる業者を一括見積もり請求のサイトを利用して探してみましょう。希望日の入力欄があるサイトだと、その日に引き受けてくれる業者の見積もりだけ取得できるため、効率がいいです。

この方法を試してみても駄目だった場合には、引越し専業の会社以外に目を向けてください。貨物軽自動車運動事業者の組合員が集まって組織化されている赤帽では、当日の依頼など急な引越し荷物の運搬に対応してくれます
軽貨物自動車に積める量・サイズの荷物の運搬に限られますし、軽貨物自動車1台に対しドライバー兼作業員1人のため、引越し作業を手伝う必要がありますが、転居先まで荷物を運んでくれます。なお、トラックに同乗することも可能で交通費の節約になり、荷物の事故は保険で補償されます。組合員によってはペットの輸送などにも対応してくれます。

一括見積もり請求をしよう


引越し作業を依頼する業者を決める際には相見積もりをしたほうが、より安いところに頼めるというメリットがある分、一社だけに見積もり請求をするよりいいです。しかしながら、一社ずつ見積もりを請求する手続きを行なうのは面倒くさいと感じる人は少なくないでしょう。たしかに一社ずつ見積もり請求をする方法は、効率的ではありません。

なにか良い方法はないものかと思った人もいるでしょうが、インターネット上にある一括見積もり請求のサイトを利用することをおすすめします。予定日、現住所と転居先の都道府県、引越し人数などを入力し、情報を送信するだけで、サイトに登録している引越し業者のなかで、希望日に対応可能なところの見積もりをまとめて取得することが可能です。情報の入力と送信が1回でよく、すぐに複数社の見積もりを取得することが可能で、効率よく引っ越し業者選びをすることができます。

あとは取得した見積もりを比較してみて、条件が良いところに訪問見積もりを依頼、最終的に一番条件がいいと思ったところに正式に依頼するという流れになります。なお、この一括見積もり請求のサイトを利用するためのお金は一切かかりません。場合によっては万単位の費用負担の違いが出ることもあるため、ぜひ使ってください。

相見積もりでお得に転居!


転居先への引越し作業を業者にお願いする際には、最初に見積もりを請求するのが一般的です。このとき一社だけの見積もりを取って正式な依頼を決めてしまう人が少なくありませんが、この方法は賢いやり方とはいえません。見積もりは複数社に対し請求し、内容を比較したうえでより好条件なところに正式に依頼することが大切です。

なぜわざわざ面倒くさい見積もり請求を複数社に対し行なうのか、疑問に感じた人もいるでしょう。このことに関する理由はあって、引越し料金というのは全引越し業者で共通というわけではありません。一社だけに請求した依頼を決める場合、たまたま安いところに頼めるようなこともありますが、一社だけだと提示された金額が安いのか高いのかがわかりません。知らずに損をしたくない、どこよりも安いところにお願いしたいという人は、複数社に対し見積もりを請求し、比較検討を行なうことをおすすめします。

この複数社の見積もりを取得し比較検討することを相見積もりといいますが、料金やサービス内容の比較以外にも役立つことがあります。最初に提示された金額が安い引越し業者の見積もりを引き合いに出して、最初に提示された金額が高い引越し業者と価格交渉を行なうことが可能です。

転居は自力で可能?


引越す際にたいていの人が検討するのは、引越し作業を業者にお願いするか、自力でやるかということではないでしょうか。とくに引越し業者に支払うお金がもったいないと感じる人は、自力でどうにかしたいと思うでしょう。極端に荷物量が少ない場合、たとえばスーツケース1個におさまるぐらいの荷物量であれば、引越し業者にお願いする必要はありません。しかしながら、家具家電をはじめとする大きな荷物がある人に関しては、引越し業者に荷物を運んでもらうことをおすすめします。

荷物量が多いだけの場合は、車があれば自力で一度に転居先に運ぶことが可能ですが、ない場合には何回かにわけて運ぶか、レンタカーを利用しなければいけません。転居先との往復回数が多いほど交通費や時間、手間がかかり、レンタカーを使うと利用料金が発生します。引越し作業を友人などの協力を得てする場合、食事や乗り物の燃料費を負担することぐらいをするのが礼儀です。自力での引越しでも無料でというわけにはいかない場合がほとんどです。

大きな荷物の場合、引越しノウハウがない人が運ぶと搬出、搬入時に部屋を傷付けたり、落とす、ぶつけるなどして荷物を破損させてしまうリスクがあります。運んでいるときの衝撃でパソコンが壊れてしまうというようなことも起こりかねません。自力での引越しで問題なのは、荷物に被害が出ても保険がないということです。
しかし、ファミリー引越しセンターのように保険を付加している業者を利用すれば、万が一の事故が起きても補償が出るので安心できます。

ファミリー引越センターでは、保証が必要になる事故等が起こらぬよう万全な体制で作業を行っておりますが万一に備え以下の保険を当社負担で付加させて下ります。
1.家財の損害に対して・・・1,000万円
2.建物の損害に対して・・・500万円

自力での引越しでは上記のような問題があるため、なるべく引越し業者にお願いしたほうがいいです。当サイトでは上手な業者選びのポイントを紹介していますので、参考情報としてお役立ていただければ幸いです。