急な転居での強い味方


転居は自分の都合で十分に時間をかけて物件を探し、理想とするところに引越すというケースだけではありません。なかには転勤などの理由で、期間に余裕がないなかで物件を決めて、引越しをしなければいけない人もいます。

このような場合、自力での引越し作業が困難な場合は急いで引越し業者も決める必要がありますが、引越しが数日後など急な場合には対応してくれない業者が少なくありません。とはいえはじめからどこも引き受けてくれないと諦めるのではなく、希望日に引越し作業を引き受けてくれる業者を一括見積もり請求のサイトを利用して探してみましょう。希望日の入力欄があるサイトだと、その日に引き受けてくれる業者の見積もりだけ取得できるため、効率がいいです。

この方法を試してみても駄目だった場合には、引越し専業の会社以外に目を向けてください。貨物軽自動車運動事業者の組合員が集まって組織化されている赤帽では、当日の依頼など急な引越し荷物の運搬に対応してくれます
軽貨物自動車に積める量・サイズの荷物の運搬に限られますし、軽貨物自動車1台に対しドライバー兼作業員1人のため、引越し作業を手伝う必要がありますが、転居先まで荷物を運んでくれます。なお、トラックに同乗することも可能で交通費の節約になり、荷物の事故は保険で補償されます。組合員によってはペットの輸送などにも対応してくれます。

Comments are closed.