転居は自力で可能?


引越す際にたいていの人が検討するのは、引越し作業を業者にお願いするか、自力でやるかということではないでしょうか。とくに引越し業者に支払うお金がもったいないと感じる人は、自力でどうにかしたいと思うでしょう。極端に荷物量が少ない場合、たとえばスーツケース1個におさまるぐらいの荷物量であれば、引越し業者にお願いする必要はありません。しかしながら、家具家電をはじめとする大きな荷物がある人に関しては、引越し業者に荷物を運んでもらうことをおすすめします。

荷物量が多いだけの場合は、車があれば自力で一度に転居先に運ぶことが可能ですが、ない場合には何回かにわけて運ぶか、レンタカーを利用しなければいけません。転居先との往復回数が多いほど交通費や時間、手間がかかり、レンタカーを使うと利用料金が発生します。引越し作業を友人などの協力を得てする場合、食事や乗り物の燃料費を負担することぐらいをするのが礼儀です。自力での引越しでも無料でというわけにはいかない場合がほとんどです。

大きな荷物の場合、引越しノウハウがない人が運ぶと搬出、搬入時に部屋を傷付けたり、落とす、ぶつけるなどして荷物を破損させてしまうリスクがあります。運んでいるときの衝撃でパソコンが壊れてしまうというようなことも起こりかねません。自力での引越しで問題なのは、荷物に被害が出ても保険がないということです。
しかし、ファミリー引越しセンターのように保険を付加している業者を利用すれば、万が一の事故が起きても補償が出るので安心できます。

ファミリー引越センターでは、保証が必要になる事故等が起こらぬよう万全な体制で作業を行っておりますが万一に備え以下の保険を当社負担で付加させて下ります。
1.家財の損害に対して・・・1,000万円
2.建物の損害に対して・・・500万円

自力での引越しでは上記のような問題があるため、なるべく引越し業者にお願いしたほうがいいです。当サイトでは上手な業者選びのポイントを紹介していますので、参考情報としてお役立ていただければ幸いです。

Comments are closed.